shirococco’s blog

日々の暮らしの中から[お気に入りモノ、学び、トレンド、ブログの事]を発信します。

あなたへのお手紙です。

こんばんは

余計なことだとはわかっているのですが

とても、もったいないので

ひとつだけお話しさせてください。

今日の記事読ませていただきました。

 

私が思う[人]というもののあり方です。

 

例えば、ボクシングのスクールがあります。

そこには多種多様な人たちが

ボクシングをするために通います。

ある人は、強くなるために

ある人は、ダイエットのために

ある人は、やることが見つからないから

ある人は、世界チャンプを掴むために

そこで何を目指すのかは、個人の判断です。

受け入れるボクシングのスクールが

それでいいのならば

他の人の価値観を示唆してはいけません。

 

ブログも一緒です。

もちろん読んでもらえるのなら

モチベーションはあがりますが

基本的には、毎日書き溜めている

机の中の鍵付きの日記帳と同じです。

私は、はてなブログ内の誰かのためには

書いてはいません。

私の講座の記録帳に近い形で書いています。

1つの自己満足です。

誰かが私の記事を待ってくれているから書いているわけではありません。

待っている人のために書いているわけではありません。

これだけ多くの不特定多数の顔も知らない人たちが

各々の気分で、各々のルールで書いています。

 

私は4月半ばにはてなブログに登録しましたが

ちゃんとやり始めたのは6月の頭からです。

読者様は500人を超えましたが

そのうちのほんの一握りの人でも

ご自身のために読んでいただけていたら私は満足です。

各々がご自身の都合のいいように

コンテンツを使っていただけたら良いと思っています。

ですがタイトルくらいは読んでくれている

私の名前くらいは、アイコンくらいは

わかってくれている

そのくらいでいいと思っています。

はてなブログだけで登録者数はきっと何万といます。

その中で少なくとも

どんな形であれ交流をもてていることに

感謝しています。

最初に読者になってくれた人

10人目の人

100人目の人

200人目の人

それは1つの一方的なモチベーションだったはずです。

最初は1つでも星が付くだけで

次も良い記事を書こうと奮起したかもしれません

読んでくれているかいなかは重要ではなく

実は最初から1人で戦っているのです。

自分の基準を設け、勝手にその基準を上げていき

ちゃんと読んでいただけないなら書かない。

それは、違います。絶対に違います。

最初は、誰も読んでくれなくても

楽しんで書いていたはずです。

ご自身のために書いていたはずです。

どうかブログを書く楽しさを忘れないでください。

 

幾人もの素通りしていく人の中で

1人でも2人でも

毎回じゃなくても、全部じゃなくても

読んでくれるのなら、それでいい

そんな奇跡だと思います。

読者様に何かを求めるのではなく

与え続けてください、届かなくても

与え続けてください

みなさん、それぞれが、それぞれの思いで

はてなブログに共存しています。

誰も、誰にも何も強制はできませんし、しません。

 

どうか、あなたのその素敵な感性を

そんないっときの感情で暗くしないでください。

できるならば、メインもサブも

あなた自身のために、お続けになることを願います。

一緒に頑張りましょう。

f:id:shirococco:20190805153148p:plain