shirococco’s blog

日々の暮らしの中から[お気に入りモノ、学び、トレンド、ブログの事]を発信します。

【犬が顔を舐める】のは大丈夫?【獣医師】に取材してきました

こんにちは しろこ です。

今回は知り合いの[獣医師]に教えてもらった

[犬に顔を舐められる]をテーマにご紹介していきます。

ちなみに私は犬が苦手です。

 

 

犬が顔をなめる行為は

f:id:shirococco:20190923212427j:plain

オオカミ種の末裔である[犬]

狩りのできない小さな子オオカミが

親オオカミにおねだりする習慣が

受け継がれたものです。

 

そこから[親愛・服従・なだめ・甘え]

転じていきました。

さらには[防衛]という意味も込められています。

ですが、単に皮脂などが[美味しい]から

舐めているという傾向もあるようです。

 

雑菌などの危険性はないのか

f:id:shirococco:20190923212450j:plain

[獣医師]の先生に聞いてきました。

[犬]の修正で、自分や他の犬の糞を口にすることがしばしばあります。

一般的に、口対口の場合は問題になるような病気はありません。

[犬]の口にいる[菌]は舐められたりキスしたりすると人間に移ります。

[犬]との接触が長い人は、身体に[犬][菌]が入り、抗体ができているので、大丈夫です。

今まで、ほとんど[犬]に接触した事の無い方がいきなりキスをすると未知と問題が出てくる場合があるので注意が必要です。

ですが、排泄物を舐めたり、何か汚い物を舐めたりする事はよくありますので、お腹を壊したりすることはあります。

[犬]の回虫は人間に感染する事があります。

大人がすぐに病気になることはありませんが、赤ちゃん、子供、老人や天候力の弱い方は注意が必要です。』

とのことでした。

 

犬が持っている感染症

f:id:shirococco:20190923212514j:plain

病原体はウイルスや細菌、寄生虫などから

感染し[犬][人間]が共通してかかります。

総称として[人獣共通感染症][ズーノーシス]

と呼ばれます。

 

レプトスピラ症

ネズミが保菌している細菌[病原性レプトスピラ]に感染して起こる病気です。感染すると尿から菌を排出します。ネズミの尿が溶け込んでいる水たまりや用水路などで感染します。感染すると発熱、頭痛などの症状が出ます。重症化すると肝障害や腎障害、出血などを起こします。人間に感染した場合、医師が保健所に届け出を行わなければならない[4類感染症]に分類されている病気です。

 

パスツレラ症

[パスツレラ菌]は70~80%の[犬]が口内に保菌しています。常在菌なので[犬]は症状が出ることはありません。人間に感染した場合、咳などの呼吸器症状、腫れやかゆみといった皮膚症状が現れ、重症化すると肺炎や骨髄炎、敗血症を起こします。

 

カプノサイトファーガカニモルサス症

[カプノサイトファーガカニモルサス]は、犬が口内に保菌する常在菌です。人間に感染すると発熱や嘔吐、倦怠感、頭痛などを引き起こします。悪化した場合は髄膜炎や髄膜炎に進行し、死に至ることもあります。

 

サルモネラ症

[サルモネラ菌][犬]の極少数~25%が健康な状態でも保有しています。爬虫類が多く保有している菌なので[犬]と爬虫類をどちらも飼っている場合は特に注意が必要です。散歩中などに犬が爬虫類を捕まえたりすることで感染することもあります。人間に感染すると、嘔吐や発熱、下痢などの食中毒の症状を起こします。

 

アメーバ赤痢

微生物の[赤痢アメーバ][犬]に寄生しても無症状です。[サルモネラ菌]と同様に爬虫類も保有しています。人間に寄生すると下痢や粘血便、下腹部痛などの症状が見られ、悪化すると死に至ることもあります。

 

獣医師よりコメント

f:id:shirococco:20190923213238j:plain

ご説明した病気は、人間が健康な状態であれば

感染や症状が現れることは、まずありません。

ですが、子供やご年配の方、病気を患って

免疫力の低下している方は、注意が必要です。

基本的には口のまわりを舐めさせないしつけ。

[犬]と遊んだら手を洗い、うがいをする。

習慣が感染症を防ぐことになります。

ペットを飼うということは、正しい知識を

持つことがとても大切です。

 

まとめ

記事を書くために知り合いの動物病院に

取材に行ってきました。

[犬]が苦手な私ですが

どの[犬]も人間よりも節度があって

利口な[犬]ばかりでした。

奥さんが[ポメラニアン]を熱望して

何度もペットショップに連行されます。

そろそろ、考えてもいいかなと思いました。