shirococco’s blog

日々の暮らしの中から[お気に入りモノ、学び、トレンド、ブログの事]を発信します。

「あ、私のごはんに虫が入ってる」彼女の定食のごはんに虫。あなたはどうしますか?

こんにちは しろこ です。

先日、ご飯を食べに行った時のできごとです。

f:id:shirococco:20191008191605j:plain

定食屋さんでお昼を食べました。

地元では人気のお店のようで

12時を回ると待ちがでます。

私は11時40分に入店し並ばずに頂きました。

 

注文した定食が私の前に運ばれ

たくさん刺さっている割りばしから

1つを取り、味噌汁から頂きました。

ふと、ご飯を見ると

小さな虫がひっついています。

私は、20年ほど前の出来事を思い出しました。

 

 

20年前のその日は夏の暑い日で

北関東の方面にでかけていました。

お昼を食べる為

同じように定食屋さんに入りました。

 

エアコンもなく

黄ばんだ扇風機がかろうじて首を振っている

外の暑さそのままの

綺麗とは言えない

こじんまりとしたお店でした。

f:id:shirococco:20191008191742j:plain

「あ、私のごはんに虫が入ってる」

目の前の彼女が冷静につぶやきました。

暑さのせいもあり

血気盛んなころの私は

即座に店員を呼び、文句を言ってやろうと

思ったところで

彼女から笑顔で言われました。

 

「私のごはんでよかった。」

しろこのごはんだったら気付かずに食べてたかも」

「新しいごはんに替えてもらおう」

私は彼女の言葉に自分の小ささを恥じました。

f:id:shirococco:20191008192137j:plain

ここで文句を言ったところで

ただ、店員の謝罪の言葉があるだけ

周りのお客さんも不快にさせる。

何よりも私たちが

気持ちよくごはんを食べることはできない。

確かに虫は気持ち悪いが替えてもらえば済む話。

 

私はそのときのことを今でも覚えています。

そして、そのとき

何かの階段を1つ上がったような気がしたのを

今でも覚えています。

 

先日の定食のごはんは

そっと虫だけ取り除いて

美味しくいただきました。

怒っても何も変わらないし

誰も得しない。

 

もちろん、それが正しいことかはわかりません。

ですが、怒っても何も変わらないし

誰も得しないから。