shirococco’s blog

日々の暮らしの中から[お気に入りモノ、学び、トレンド、ブログの事]を発信します。

【煽り運転】怖いので【車内】【ドラレコ】検討中

こんにちは しろこ です。

[煽り運転]が大きく取り上げられ

[ドライブレコーダー]の取り付けは必須です。

とくに[車内撮影]ができるものが絶対に必要だと感じました。

 

今回は[ドラレコ]の説明文の読み方

解説していきます。

 

 

Amazonで購入可能なドラレコ 


MEKNIC A3ドライブレコーダー 前後カメラ 車内+車外 前後 1080P ドラレコ HDR 2カメラ 駐車監視 SONY製センサー LED信号機対策 フルHD ドライブ レコーダー 2.5K&1440P前録モード 2.4型LCD 170+140度広視野角 WIFI機能 前後同時録画 24ヶ月保証期間 動体検知 衝撃録画 高速起動 赤外線暗視機能 256GBサポート 日本語説明書付き (256GBまでサポート)

Amazonより1つ例にとって解説していきます。

こちらは、ご自身でも取り付け可能なタイプです。

[前面と車内]を撮影のモノをピックアップしました。

 

撮影箇所と画素数

  • ✅【Uber Lyftタクシー用1080 Pデュアルドライブレコーダー】:Meknic A3車載ドラレコはFHD 1080 P SONYセンサー・フロントと車内カメラを搭載されて、道路と車内の状況を記録します。このデュアルドラレコはデュアル1920x1080P 30fpsでフロントの道路(170°)と車内(140°)を録画できるし、或はフロントカメラだけでフロントを録画して(.5K 2560x1440P@30fps 或は 1920x1080P@60fps)、ナンバープレートをはっきりと録画します。路面と車内の状況ををはっきりと記録できるので、uber、タクシー、lyft運転手、通勤、家族などのシーンに活躍します。12V/24V車兼用。

 

[1920×1080P]こちらは撮影時の解像度です。

どのくらい鮮明に撮影できるかを表しています。

ちなみに[4K]の解像度が3840×2160Pです。

[30fps]こちらは、滑らかさです。

120fpsでスローモーションの撮影に使われます。

よってこの機種の[1920×1080P 30fps]

[ドラレコ]用としては十分な成果を出してくれます。

さらにその解像度はお好みで変更が可能です。

 

SDカード対応容量

  • ✅【ループ録画・Gセンサー&駐車監視】24時間ループ録画はカードの容量が一杯になった際に、自動的に録画映像を上書来ます。イベント記録(G-sensor recording)は Gセンサーで衝撃を検知すると、上書きされないようにロックし、衝撃映像を専用フォルダに保存します。Meknic A3前後カメラドライブレコーダーはmicro SD カード256GBまでサポートします(カードはパッケージに付属されていない)。駐車録画は駐車場の当て逃げ対策として、駐車中には衝撃を検知する時、内蔵電池により起動して約30秒録画する。上書きされないように保存。ON/OFF可能。録画記録が上書きされないから、経済的損失や車の擦り傷などの証拠を提供できます。

f:id:shirococco:20190820143132j:plain

[SDカード容量256GB]まで対応は

かなりレベルの高い仕様となっています。

ちなみに映画などを記録する[DVD]

1枚あたり4.7GBです。

この機種の場合、前面と車内で2倍容量を

使ったとしても14時間以上の録画時間を確保できます。

こちらも安価なものだと

[32GB]までの対応であったり

対応要領に制限を掛けられているものもありますので

注意が必要です。

 

3カメ撮影の落とし穴

f:id:shirococco:20190820154522j:plain

今回、例に挙げている機種は

ご自身でも簡単に取り付けができる

[前面+車内]の2カメ撮影タイプです。

 

この他に、3カメ撮影タイプとして

バックモニターを設置し[後方撮影]

可能なものがあります。

これは知識がある方でないと

ご自身での取付けは容易にはできません。

 

3カメタイプにもう1つ注意点として

1万円を切る商品にあるのですが

カメラは3つ取り付けるものの

[同時撮影]が切り替え式の2つまで

というものがあります。

3カメを取り付けるのであれば

[3カメ同時撮影可能]という文言を必ず

確認することをおすすめします。

 

まとめ

2019年8月に起きた

煽り運転からの暴行事件

自分ももちろんですが、自分の大切な人が

このような事件に巻き込まれたらと思うと

本当に恐怖を感じました。

 

これからは[車内撮影]が可能なものを

取付けることが、絶対に必要だと思います。