shirococco’s blog

日々の暮らしの中から[お気に入りモノ、学び、トレンド、ブログの事]を発信します。

たまに湧くやる気は やる気じゃなくて気まぐれ

こんにちは しろこ です。

今回は昔見つけた[標語]をご紹介していきます。

「たまに湧くやる気は やる気じゃなくて気まぐれ」

 

 

たまに湧くやる気は やる気じゃなくて気まぐれ

f:id:shirococco:20190903104957j:plain

私が常日頃お話ししている

[目標と期限]を設けなかった場合に

当てはまる言葉です。

そこには

[生産性][効率][指針][継続性]

というものがありません。

さらには[成功][失敗]というものすら

ありません。

あったとして[自己満足]くらいです。

 

せっかくの労力を無駄に使ってしまう

そんなもったいないことになります。

 

イメージとしては

道を歩いていて、唐突に走り出しました。

どのくらいの距離を走ったかわかりませんが

この時のタイムを計測している感じです。

 

それでも、やらないよりはマシ?

 

f:id:shirococco:20190903105608j:plain

と思われる方もいらっしゃるかも知れません。

残念ですが、それも違います。

一番の落とし穴は

「やった気になってしまう」ことです。

 

急に出てきた[やる気]

ご自身もコントロールされてしまい

結局、何もできていないにも関わらず

ご自身の中では[自己満足][達成感]

芽生えてしまいます。

「自分は頑張っているのに」と思い込んでしまいます。

 

こうなると、次も同じことをします

f:id:shirococco:20190903110313j:plain

何も生まれなかった、という事実よりも

[自己満足][達成感]が勝ってしまい

次も同じような行動をしてしまいます。

賭け事で言う「勝った時」「負けた時」と同じで

トータルで負けているのに[高揚感]

浸ってしまいます。

 

これを繰り返してしまいます

f:id:shirococco:20190903105912j:plain

これを繰り返すことを想像してみてください。

人生の中で、やってもやっても上手くいかない

というジレンマが出来てしまいます。

そして、それは何度も繰り返すうちに

モチベーションが下がり

自分は、自分なんかと卑屈になっていきます。

そうなるくらいなら、やらない方がマシです。

 

例えば、会社を経営する上手くいっている方は

こんなことは絶対にしませんし

こんな思想も持っていません。

 

物事に取り組むのなら

しっかりした助走が必要です。

しっかりした前準備が必要です。

しっかりした練習が必要です。

しっかりした計画が必要です。

しっかりした目標が必要です。

そして期限が必要です。

 

まとめ

何ごとも、やってみることは大切です。

手を拱いて何もできないことはNGです。

そのことと同じくらい

なんとなく湧いたやる気で

やった気になって満足してしまうことも

NGです。

2つは矛盾しているように感じるかも知れませんが

そこに[計画性]があるか否かで

大きく変わってきます。

何ごとも[計画]を持ってください。

www.shirococco.com